コーチングの資格の取得方法と種類とは?スポーツ指導者におすすめの資格はコレ!

コーチングは、スポーツ業界を発端とし、様々な場面で使われる言葉になりました。コーチの語源は、「馬車」に由来し選手を目的地まで運ぶ・導くといった意味があります。

このコーチに関する資格にはいくつかの資格があります。本記事ではスポーツ指導者におすすめの資格を紹介します。

スポーツ指導は資格を取った後のスキル向上が最も大切

スポーツコーチングは、資格を取ればそれで終わりというわけではなく、その後のスキル向上が最も大切です。

なぜならば、スポーツコーチングの資格を持っていたとしても、能力がなければ現場の選手の信頼を失うこともあるからです。

コーチングスキルの向上という点においては、「指導者は五者であれ」という言葉があります。内容は下記のような内容です。

  • 指導者は学者であれ
  • 指導者は役者であれ
  • 指導者は易者であれ
  • 指導者は芸者であれ
  • 指導者は医者であれ

詳しい内容に関しては、こちらの記事を参考にしてください。

コーチングスキルを高める前に学ぶべき「五者の精神」

このような考え方は、コーチング哲学と呼ばれ資格取得だけではなく、スポーツ現場でのコーチングを通して指導者としての考え方を養う必要があります。

「我々は学ぶ事をやめたときに、教える事をやめなければならない(ロジェ・ルメール)」という言葉があるように、自分自身の資質向上は常に図るべきです。

スポーツコーチの資格は公認スポーツ指導者が最も一般的

スポーツ指導者の資格は、公認スポーツ指導者が最も一般的です。なぜならば、日本スポーツ協会(旧日本体育協会)が認定している資格だからです。

加えて、サッカーなどはライセンスがなければベンチに入る事が出来ないといったケースもあります。公認スポーツ指導者は、各競技ごとに資格が分かれています。

例えば、サッカーであれば、「JFA公認C級サッカーコーチ」、バスケットボールであれば、「JBA公認C級コーチ」といった資格があります。認定スポーツ指導者の資格を取得する上では、講座を受講し各競技における理論から実践までを学びます。

受講内容では、競技の技術における理論だけではなく、体力面のトレーニング方法や心理学について学ぶ競技もあります。公認スポーツ指導者の資格は、その競技におけるスポーツ指導に特化した資格であるため、専門性が非常に高い資格です。

資格取得の申し込み方法は各競技団体によって異なるため、公益財団法人日本スポーツ協会のページを参照してください。

公認スポーツ指導者のカリキュラムは「すべてのコーチがグッドコーチになること」が目的

公認スポーツ指導者のカリキュラムは、コーチ育成のための「モデル・コア・カリキュラム」に基づき組まれています。

このモデル・コア・カリキュラムでは、全てのコーチがグッドコーチになることを目的としており、このカリキュラムのスタンダードを修了した者に対しては、適切な処遇をすることとしています1)

このカリキュラムは、従来の日本体育協会(現日本スポーツ協会)が定めたカリキュラム内容とは異なります。

このモデル・コア・カリキュラムとアメリカのユーススポーツのスタンダードを変えた米NPO法人Posotive Coaching Allianceにおけるカリキュラムの違いについては、人間力の内容と、現場実習の時間に違いがあります。

その他のコーチングに関する資格では、スポーツ現場での実習の時間はありません。しかしながら、日本スポーツ協会の定めたカリキュラムでは、スポーツ現場の実習もあるため、スポーツ指導者には欠かせません。

まとめ

コーチングに関する資格は、持っているだけではなく、取得する前あるいは取得後の訓練が非常に重要です。

なぜならば、資格だけ持っていたとしても技量がなければ現場の選手には信頼されないからです。資格取得を目指すためには、自らのコーチングスキル向上の一環として捉えたほうがよいです。

公認スポーツ指導者は、スポーツ指導に特化した資格で、専門性も高いです。スポーツのコーチをする上では、欠かせない資格です。

また、現在の日本スポーツ協会の定めた公認スポーツ指導者のカリキュラムは、モデル・コア・カリキュラムに基づき作成されているため、スポーツ指導において役に立つ資格です。

本記事を参考にアスリートへのコーチングに役立つ勉強をしてみてはいかがでしょうか。

引用参考文献

公益財団法人日本体育協会(2015).コーチ育成のための「モデル・コア・カリキュラム」作成事業報告書

『ダブル・ゴール・コーチング』書籍販売

​アメリカNPO法人Positive Coaching Allianceは、「Better Athletes, Better People」をスローガンとし、ワークショップやオンライン教育を中心に、指導者、保護者、アスリート、リーダーへと提供することで、ユース世代のスポーツ教育をPositive で選手の個性を育む環境へと変容させることを目指しています。

創設以来、「勝つこと」と「ライフレッスン」のダブルゴールを目指すPCA メソッドの訓練を受けたコーチは、約75万人おり、2015 年度だけで8 万人のコーチがPCA コーチ法を学んでいます。また、これまでに北米約3500 の学校やスポーツクラブ、ユースプログラムに導入され、実際に参加した学生は860 万人を超え、アメリカの若者スポーツコーチの基準になりつつあります。

詳しくはコチラから

Coaching station Question

NPO法人スポーツコーチング・イニシアチブについて

スポーツコーチング・イニシアチブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。