「早川 琢也」の記事

怒る指導がなかなか減らない理由

モデリング 怒る

ここ数年の体罰や理不尽な指導が見直される傾向が強まった事もあり、以前と比べて指導中の体罰や理不尽な指導は減ってきているように見受けられます。 それを受けて、選手中心の指導法(アスリートセンタードコーチング)、褒める指導、…

伸び悩み(プラトー)を打破する為の限界的練習について

スポーツに一定期間取り組んでいると、ある時期に「伸び悩む」経験をすることは多いでしょう。この伸び悩んでいる時期は成長の実感が感じられず、イライラしてしまいがちです。これまで楽しんでいたスポーツや練習に対するモチベーション…

コミュニケーション方法によって自分と相手の関係は決まる

現在はコミュニケーションの方法はインターネットや書籍などから簡単に得られて、実践しやすい環境と言えます。 しかし、実際に使っているものの期待している程の効果を実感出来ていない方も少なくないでしょう。本来コミュニケーション…

指導者のコミュニケーション能力が向上すると選手のパフォーマンスが 向上する

近年、各スポーツ場面において指導者と選手の在り方が問われる出来事が目につきます。その多くの場合は、指導者から選手への行き過ぎた一方通行の関係が原因になっているように見受けられます。 一方で指導者と選手が健全にコミュニケー…