ラグビー日本対アイルランド戦に学ぶ!尊敬の心がもたらすパワー

9月28日に行われたラグビーワールドカップ2019の日本第2戦、優勝候補の世界ランク2位アイルランドを19対12で見事撃破。

日本中に感動をもたらしてくれましたね!

準備を重ね、勝つべくして勝ったように私の目には映りました。

決してまぐれの勝利ではない。

強い相手に立ち向かう姿をみせてくれて、勇気をもらえたという人も多いのではないでしょうか。

試合後両チームがお互いを称えるために花道を作り合ったシーンに胸を打たれました。

試合が終われば敵も味方もない、まさにノーサイドの精神。チームメイト、対戦相手、レフリーを称え合う姿にジーン、そのシーンを何度も繰り返し観てしまうほどでした。

尊敬の心は素晴らしいというだけではなく、ハイパフォーマンスを生み出します。

この記事では、ノーサイドの精神をスポーツ心理学の観点から解説していきます。

尊敬の心とは、人やスポーツを敬った視点で見る心のレンズである

ここで言う尊敬とは、“人やスポーツを尊いものと認めて敬う心”という意味で述べていきます。

僕ら人間は、意識的にも無意識的にも、現実に起こった事実を自分なりに評価しています。

例えば、目の前にコップ半分の水があったとして、「コップに半分も水が残っている」という捉え方をあれば、「コップに半分しか水が残っていない」という捉え方もできます。

同じ現実でも、捉え方によって、喜びが出ることもあれば、悲しみが出ることもありえます。

つまり、起こった事実が直接的に感情を湧き起こさせているのではなく、現実を見る心のレンズを通して、感情が作り出されているのです。

話を元に戻しますが、スポーツや人を尊いものと認めて敬うということは、そのスポーツや目の前の人をポジティブな心のレンズで見るということです。

ポジティブな心のレンズで物事をみると、ポジティブな感情、ネガティブな感情どちらが多く生まれてくるでしょうか?

当然、ポジティブな感情が生まれやすくなります。

ポジティブ感情がもたらすメリット

では、なぜポジティブな感情が生まれるといいのでしょうか?

ポジティブな感情には、大きく分けて2つのパワーがあります。

それは、①視野を広げ発想を豊かにすること、②脳の機能を高め成長を促すこと、です (拡張-形成理論. Fredrickson, 2001)。

楽しい、嬉しい、できる、希望、興味、感謝、そして尊敬の念…などのポジティブな感情を纏っている時、人は目の前のことに没頭できるようになります。

シンプルに僕らは、ポジティブな感情を感じていたいのです。

この没頭が、特に洞察力、創造力、そして記憶力といった力を引き出してくれます。

楽しかった思い出のことをよく憶えていたり、快適なメンバーで打ち合わせしている時アイディアが溢れてくるなんて経験ありませんか?

まさにそれらがポジティブ感情のチカラです。

このチカラを活用しない手はないですよね。

ポジティブ感情とハイパフォーマンスの関係

スポーツで言えば、ポジティブな感情を纏うことで、クリエイティブなプレーやフローと呼ばれる没頭状態を生み、ハイパフォーマンスに繋がりやすくなります。

また、長期的な視点においても、高い意欲が練習の質を高め、成長を促すことは想像しやすいと思います。

昨今、トップアスリートのインタビューなどで、“楽しむことを最優先にしている”といった発言を聞くことが増えてきました。

大坂なおみ選手、中島翔哉選手、大谷翔平選手などがその最たる例ですが、おそらく感覚的に、どうすればハイパフォーマンスに繋がるのか感覚的に理解されているのでしょうね。

尊敬の心をもつことポジティブな心のレンズとなり、ポジティブな感情を生み出す。

そして、そのポジティブな感情がハイパフォーマンスや成長を促すということなのです。

オリンピックの信条とノーサイドの精神に共通するプロセス志向

少し話は大きくなりますが、ノーサイドの精神は、オリンピック・パラリンピックで正式に制定されているクリード(信念)やモットーに共通する部分があります。

五輪クリード:“The essential thing is not to have conquered but to have fought well.”

五輪モットー:“Faster, Higher, Stronger”

相手を打ち負かすことが大事なのではなく、より早く、より高く、より強くを目指し、全力を出し戦うことに意義があるという意味です。

己のベストを目指すプロセスに重きをおくことを成長マインドセット(その反対は固定マインドセット)と呼びますが、このクリードとモットーは成長マインドセットを育みます。

きれいごとに聞こえるかもしれませんが、このような成長を重要視する心のレンズを持つことが実力発揮や成長を促します。

その理由の一つは先に述べてきた通り、ポジティブな感情を持ちやすいからです。

勝ち負けという自分のコントロールができないことに気を揉むことが減り、自分のやるべきことに意識が向けやすくなるのです。

メンタルトレーニングの大きな目的の一つが、この成長マインドセットを育むことでもあります。

試合以外では敵や味方もなく尊重し合うことが、ラグビーでいうノーサイドの精神。

どちらのチームが勝っているなどという結果主義の心のレンズを取っ払った在り方です。

相手を打ち負かすことが目的ではなく、チームの隔たりを持たずに、切磋琢磨ながら成長しあうことに重きおく。

両チームが花道を作り合うシーンを見て、成長マインドセットを育んでくれる素晴らしい精神であると、つくづく感じました。

まとめ

人やスポーツを尊いものと認めて敬うこと。

これはマナーであると同時に、自分自身の成長やパフォーマンスを促してくれる、自分が生きる世界を変える心のレンズでもあります。

人生の教訓を伝えてくれる素晴らしいスポーツ、ラグビー。

残りのラグビーワールドカップでも、どこが勝つかのみならず、全チームの素晴らしいスポーツマンシップに注目して観戦してみてはいかがでしょうか?

参考文献

1) Amy L. Baltzell (2011). Living in the Sweet Spot. Morgantown, WV: Fitness Information Technology.

2) Fredrickson, B. L. (2001). The role of positive emotions in positive psychology: The broaden-and-build theory of positive emotions. American psychologist, 56(3), 218.

3) Torres, C. R. (2006). Results or participation?: Reconsidering Olympism’s approach to competition. Quest, 58(2), 242-254.

スポーツコーチング・イニシアチブイベント告知



NPO法人スポーツコーチング・イニシアチブのスポーツコーチング・ラボvol. 18では、強豪校東海大バスケットボール部の陸川先生の取り組みを紹介します。

今回のスポーツコーチング・ラボでは、東海大学の取り組みをご紹介するとともに、スポーツコーチング・イニシアチブのメンバーとのディスカッションも予定しています。

興味がございましたら是非足をお運びください。

詳細は下記の通りです。

「チームの勝利と人間成長」~強豪東海大バスケットボール部 陸川先生の取り組み~

【講師】

陸川章氏

東海大学スポーツ教育センター 所長、東海大学男子バスケットボール部 監督。

新潟県立新井高校でバスケットボールを始め、日本体育大学卒業後、日本鋼管(NKK)へ。日本リーグ優勝やMVP獲得などの実績を残す。

日本代表には11年間在籍。主将も務めた。 引退後はアメリカにコーチ留学、2001年から東海大学に赴任。

2005年、06年、12年、13年、18年に全日本大学バスケットボール選手権大会を制覇。 現 在は、U22日本代表強化委員長並びに 全日本大学バスケットボール連盟強化部長 も兼務。

2009、11年、17年のユニバーシアード大会男子代表監督も務めた。



ダブル・ゴールコーチングの翻訳本のご案内

コーチングについては、アメリカで指導者になる際に学ぶダブル・ゴールコーチングという方法があります。

このダブル・ゴール・コーチングは、アメリカを中心としてスポーツ指導者になるためには必ず学ぶ方法です。

翻訳本の購入はこちらをクリック

著:ジム・トンプソン

​東洋館出版社

価格:1200円(税込)

※送料(180円/冊・レターパック)が別途かかります。

ダブル・ゴール・コーチングの持つパワー

~スポーツでも人生でも勝者となる人材を育成する~

​アメリカで800万人以上のスポーツコーチが学んだ、「勝利」と「人間的成長」のダブルゴールを達成するためのコーチングメソッドのエッセンスが詰まった書籍がついに邦訳!


序文 フィル・ジャクソン

第1章:コーチとして次の世代に引き継ぐもの

第2章:ダブル・ゴール・コーチ®

第3章:熟達達成のためのELMツリーを用いたコーチング

第4章:熟達達成のためのELMツリー実践ツールキット

第5章:スポーツ選手の感情タンク

第6章:感情タンク実践ツールキット

第7章:スポーツマンシップの先にあるもの:試合への敬意

第8章:試合への敬意の実践ツールキット

第9章:ダブル・ゴール・コーチのためのケーススタディ(10選)

第10章:コーチとして次の世代に引き継ぐものを再考する

同時にコーチングステーションのWEBライター募集中です!

コーチングを専門領域としている方!記事を書いてみませんか?

よろしければご連絡お待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

伴 元裕(ばん もとひろ) デンバー大学大学院スポーツ&パフォーマンス心理学修了(2017)商社勤務時代、“自分がそこにいた価値を残せ”と導いてくれた上司の下、自分らしさを活かして価値を生み出すことの喜びやその経験がより良くなるための原動力になることを体験。幸福感によるハイパフォーマンスの実現をテーマとしたメンタルトレーニングを行っている。