スポーツコーチングJapanカンファレンス2018レポート

2018年3月3日、「スポーツコーチングJapanカンファレンス2018」が開催されました。

スポーツコーチングJapanとは、中竹竜二氏(日本ラグビー協会コーチングディレクター、元早稲田大学ラグビー部監督)が立ち上げた一般社団法人です。

スポーツコーチングJapanは「From&To Sports Coaching」をビジョンに掲げている。スポーツコーチが更なるレベルアップを図る様々な機会を創出し、その先に見据えているのは 日本全体のマネジメント層の発展。それをスポーツコーチングからけん引しようとしています。

そんなスポーツコーチングJapanが主催したこのカンファレンス。スポーツコーチだけでなく、教育・ビジネスなど各分野の最先端の知見を持った識者が登壇しました。

この連載では、基調講演ならびに全9セッションのレポートをお届けします。

「コーチの成長」と社会における「スポーツの価値」とは(前編)

「コーチの成長」と社会における「スポーツの価値」とは(後編)

【教育×スポーツ】スポーツは「地頭」を鍛える(花まる学習会 高濱正伸氏)

【豪華対談】中竹×岡島×高濱「指導者に求められるリーダーシップ」(前編)

【豪華対談】中竹×岡島×高濱「指導者に求められるリーダーシップ」(後編)

新時代に求められる「アスリートセンタード・コーチング」(日本体育大学教授 伊藤雅充氏)

Coaching station Question

連載記事一覧

【Spiral Eye #1】日本の学校部活動育ちでは、オリンピックでメダルは獲得できない?!

2018.06.08

【Spiral Eye #2】陸上競技における部活動の功績とは?

2018.06.24

【Spiral Eye #1.5】日本では競技人口が少ない種目にメダリストが多い!

2018.06.08

NPO法人スポーツコーチング・イニシアチブについて

スポーツコーチング・イニシアチブ