ティーチングからコーチングへ!求められるスポーツ現場の指導とは?

ティーチングとコーチングの違いは「答えを教える」か「答えを自分で見つけ出すように導く」事にあります。

 

スポーツ現場の指導では、コーチがティーチングを行う場面が多く見受けられます。ティーチングは確かに重要です。しかしながら、本来のコーチングのあり方とは少し異なります。

 

本記事では、コーチングとティーチングの違いと求められるスポーツ現場での指導について解説します。

 

コーチングとティーチングの違いはコミュニケーションの方向性にある

 

コーチングとティーチングは異なります。コーチングでは選手自身に答えを出してもらうように導くことを重要視します。

 

一方でティーチングは、答えを教える事を指します。つまり、ティーチングはコーチから選手に教え込む事に対してコーチングは答えを引き出す作業であり、コミュニケーションの方向性が正反対です1)。

 

例えば、選手が何か課題に当たった時に、それに対する答えを教えるのがティーチングで選手の話に傾聴し発問をしながら選手に答えを導き出してもらうのがコーチングであると言えます。

 

 

スポーツ現場ではコーチングとティーチングの使い分けが重要

スポーツ現場では、コーチングとティーチングの使い分けが非常に重要です。なぜならば、選手の知識の有無によって、コーチングが効果的な場合とティーチングが効果的な場合があるためです。

 

コーチングのメリットとしては、能力を最大限引き出すために適切な行動を自らとるように促すことにある1)ことです。コーチングを行うことによって画一的な指導ではなく多様性のある選手の育成につながります。

 

しかしながら、競技に対する知識や体育学領域に基づいた知識が少ない場合には、ティーチングを行う必要もあります。つまり使い分けが重要になります。

 

スポーツ現場で求められるコーチングとティーチングの使い分け

スポーツ現場ではコーチングとティーチングの使い分けが求められます。なぜならば、能力の高い選手と低い選手が必ず存在するためです。

 

コーチングとティーチングの使い分けとしては、ミーティングを上手く活用すると良いでしょう。ティーチングを行う場合にはミーティングを行う際に限定して行い、練習現場などではコーチングといったように分ける方法もあります。

 

知識や情報の提供は選手にとって非常に重要であり最低限の知識の教育・共有すべき情報の提供をティーチングによって選手にアプローチすることで、基準の底上げにつながります。

 

一方でその知識の教育や情報の提供からスポーツ現場でコーチングによるアプローチによって選手と1対1ですり合わせる事で、能力の高い選手はさらに成長しますし能力の低い選手であっても最低限の知識と情報を知っているので自発的な行動を起こすきっかけにもなります。

 

まとめ

ティーチングとコーチングの違いは、「答えを教える」か「答えを導く」の部分にあります。つまり、コミュニケーションがコーチから選手へ向かうのがティーチングである一方で選手からコーチにあるのがコーチングです。

 

スポーツ現場では、このティーチングとコーチングの使い分けが非常に重要です。なぜならば、ティーチングが必要な選手とコーチングの方が効果のある選手が混在しているためです。

 

スポーツ現場で求められるコーチングとティーチングの使い分けとしては、ミーティングなどを上手く活用し意識的に使い分けると良いでしょう。

 

例えば、ミーティングでは、ティーチングを使いやすい場面が多く、コーチングを活用する場合にはスポーツ現場での指導がしやすいです。

 

本記事を参考にティーチングとコーチングを使い分けてみてはいかがでしょうか。

 

引用文献

菅原秀幸(2013).大学生の主体性・能動性を引き出すアカデミック・コーチングへの挑戦 支援対話研究,1:49-57.

 

 

 

コーチングについては、アメリカで指導者になる際に学ぶダブル・ゴール・コーチングという方法があります。

 

このダブル・ゴール・コーチングは、アメリカを中心としてスポーツ指導者になるためには必ず学ぶ方法です。

もし興味があれば下記の書籍を購入してみてはいかがでしょうか。

https://www.sports-coach.jp/double-goal-coaching

著:ジム・トンプソン

​東洋館出版社

価格:1200円(税込)

※送料(180円/冊・レターパック)が別途かかります。

ダブル・ゴール・コーチングの持つパワー

~スポーツでも人生でも勝者となる人材を育成する~

​アメリカで800万人以上のスポーツコーチが学んだ、「勝利」と「人間的成長」のダブルゴールを達成するためのコーチングメソッドのエッセンスが詰まった書籍がついに邦訳!

序文 フィル・ジャクソン

第1章:コーチとして次の世代に引き継ぐもの

第2章:ダブル・ゴール・コーチ®

第3章:熟達達成のためのELMツリーを用いたコーチング

第4章:熟達達成のためのELMツリー実践ツールキット

第5章:スポーツ選手の感情タンク

第6章:感情タンク実践ツールキット

第7章:スポーツマンシップの先にあるもの:試合への敬意

第8章:試合への敬意の実践ツールキット

第9章:ダブル・ゴール・コーチのためのケーススタディ(10選)

第10章:コーチとして次の世代に引き継ぐものを再考する

同時にコーチングステーションのWEBライター募集中です!

コーチングを専門領域としている方!記事を書いてみませんか?

よければご連絡お待ちしております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

東海大学体育学部競技スポーツ学科卒(2015) 東海大学大学院体育学研究科修了(2017) 専門はスポーツ心理学で主にメンタルトレーニングの研究と実践に携わる 経歴は、大学生弓道部(5年)中学生野球部(2年) 大学生弓道部は全国ベスト8 3回 16 1回を経験 大学院修了後はフリーランスとしてウェブライター兼メンタルトレーニングアドバイザーとして活動