『それでもなお』~存続の危機を乗り越えて関東大会出場を手にした女子サッカークラブ改革のすべて~

存続の危機からわずか2年で関東大会へ。
2018年、中学女子サッカー界で驚異の快進撃を見せたのが荒川区にあるFC HERMANA(以下、エルマナ)です。

さかのぼること2年前。
監督に就任した石尾潤さんは女子サッカー界を取り巻く厳しい環境を目の当たりにし、『サッカーを愛する少女たちに最幸の環境を』を実現しようと決意します。

石尾さんは次々と改革を施しクラブは生まれ変わりました。
存続の危機からわずか2年で関東大会に出場し、各学年で東京トレセンを輩出。
今や下部組織もあわせると70名を超えるビッグクラブにまで成長を遂げました。

この連載では、さまざまな壁にぶつかりながらも「それでもなお」突き進んでいく、「選手の伸びしろNo.1クラブ」の成長の軌跡を追います。

連載記事一覧

スキルと能力の違いとは?ビジネスパーソンに求められるのはパラメータ!

2019.06.21

「質より量」がもたらすスポーツ社会の弊害と問われるスポーツコーチングの在り方

2019.06.13

指示待ち人間にイライラ!問題はコミュニケーション方法かも?解決策をコーチングの観点から解説!

2019.06.07

結果よりも過程の評価が大事な理由をレジェンドコーチから学ぶ!

2019.05.13

「怒る」と「叱る」の違いとは?叱って育てることは両者の関係性を高め教育に良い影響を与える!

2019.04.22