『それでもなお』~存続の危機を乗り越えて関東大会出場を手にした女子サッカークラブ改革のすべて~

存続の危機からわずか2年で関東大会へ。
2018年、中学女子サッカー界で驚異の快進撃を見せたのが荒川区にあるFC HERMANA(以下、エルマナ)です。

さかのぼること2年前。
監督に就任した石尾潤さんは女子サッカー界を取り巻く厳しい環境を目の当たりにし、『サッカーを愛する少女たちに最幸の環境を』を実現しようと決意します。

石尾さんは次々と改革を施しクラブは生まれ変わりました。
存続の危機からわずか2年で関東大会に出場し、各学年で東京トレセンを輩出。
今や下部組織もあわせると70名を超えるビッグクラブにまで成長を遂げました。

この連載では、さまざまな壁にぶつかりながらも「それでもなお」突き進んでいく、「選手の伸びしろNo.1クラブ」の成長の軌跡を追います。

連載記事一覧

コーチのストレスマネージメントと自分自身の幸せ

2019.01.30

コーチング哲学を深めて選手の本質的な成長を促そう~スポーツコーチング・ラボvol.12~

2019.01.14

コーチングのやり方とは?基本は教えることではなく聴くこと!

2018.12.17

カヌー競技力向上に関わる心技体について(一般社団法人カヌーホーム 尾野藤直樹さん)

2018.12.04

勝利至上主義からの脱却のために!アスリートセンタードコーチングの考え方~コーチング・ラボレポート~

2018.11.19