学生アスリートの価値を最大化するために(NPO法人Shape the Dream 白木栄次氏)

学生アスリートが、社会の中でその価値を発揮できていないーー

そんな課題意識を抱き、現役学生アスリートにキャリア教育授業「Shape」を届ける白木氏。

自身もトップアスリートでありながら、なぜ「Shape」を始めたのか。白木氏が目指すキャリア教育の形とは。

スポーツコーチングJapanカンファレンス2018での講演の様子をレポートします。

引退した後に感じた「危機感」。NPO法人Shape the Dreamを立ち上げたきっかけ。

NPO法人Shape the Dreamの白木栄次と申します。まずは自分の生い立ちを簡単にお話しさせて下さい。

今日、登壇されている皆さんの輝かしい経歴を見て凄いな…と思っているのですが、私は中学時代の成績はオール2でした。 部活はバスケットボール部に所属していたのですが、ずっと補欠部員でした。

その後進学した高校がアメフトの名門校ということもあり、アメフト部に入部。すると、予想以上に勝利を積み重ねていって…3年連続で日本一になることができました。本当にチームメイトや学校に恵まれたと思います。

高校時代に結果を残したこともあり、大学はスポーツ推薦で進学。大学でもアメフトにのめり込んで、週6で筋トレをするような日々でした(笑)とにかく筋トレが大好きで…サプリメントを飲み過ぎたせいで、顔面蒼白になって病院に駆け込む…なんてこともありました。

大学卒業後は富士通で9年間プレーさせて頂き、2015年に初めて日本一に。その後現役を引退しました。

現役時代は本当にスポーツ漬けの毎日で、「キャリアを考える」なんていうことは全くありませんでした。

しかし、引退するとそうはいかなくなります。当然、周りの自分に対する目が変わりますよね。引退する前までは、会社や取引先から「アメフトの白木くん」と見られていたのが、「ただの白木くん」になるわけです。

その時に「これはまずい」と思いました。何か学ばなければならない…と強く思い、大学院に入りました。青山学院大学のビジネススクールです。

そして、ビジネススクールの授業のテーマで、「ビジネスを形にする」というテーマのものがあり、それがNPO法人Shape the Dreamを立ち上げるきっかけになりました。

選択肢を広げ、さらなる可能性を見せてあげたい

「学生アスリートの価値を最大化する」というのが、私たちNPO法人Shape the Dreamのビジョンです。

19人いるShape the Dreamのメンバーは全員元アスリートで、そのメンバーがロールモデルとなって、「Shape」と呼ばれる授業をおこなっています。「Shape」を通じて、学生の皆さんが「ワクワク」するような「リアルな学び」を届け、夢や将来のことを考えるきっかけを作りたいという想いで活動しています。

私たちが課題に感じているのは、「スポーツだけやっていていいのか?」というところ。

これが日本の二大プロスポーツの現状です。Jリーグの引退平均年齢は25歳で、プロ野球選手は高齢のピッチャーも多いため29歳になっています。そして多くの選手が将来に不安を抱えながらプロ選手を続けていることがよくわかります。

男の子なりたい職業ランキング・引退平均年齢・将来への不安

講義資料より抜粋

この現状を知ったうえで、親は子どもを教育していかなければならないし、指導者は指導しなければならないと思っています。

また、スポーツに限定した将来を考えている学生アスリートが多いことも大きな問題だと感じています。

設立から1年間怒涛のように活動してきて、約800人の学生に「Shape」を届けてきました。そして、事後アンケートから見えてきたものがあります。

「将来のことについて考えることがありますか?」という質問には、4割の学生が「全く考えていない」と答えています。逆に、半分以上は、ぼんやりとでも将来のことを考えているということになります。

「引退後の生活はどのように考えているか?」という質問には、半分の学生は「自分がやってきた競技にずっと関わりたい」と答えていました。

競技引退後の生活について

講義資料より抜粋

この結果を頭から「だめだよ」と否定するつもりは全くありません。ですが、5割の学生が「自分がやってきた競技にずっと関わりたい」と答えたのには、スポーツをやっている時間が長いことと関係していると思います。さらに、競技レベルが高いと、5割ではなく6割、7割と増えていく傾向があります。

象徴的だったのは、NPO法人設立前のトライアルで甲子園を目指すレベルの高校の野球部に「Shape」のオファーを出した時のこと。「俺たちはそんなことやっている暇はないんだよ」とお断りされたのです。

この現状を見て、学生アスリートの選択肢をもっと広げて、いろんな可能性があるんだということを伝えたいと思っています。

学生の頃からのマインドセットが重要

なぜ僕たちが学生向けに「Shape」をやっているのかというと、若いうちにいろんな価値観に触れ、いろんなことをインプットすることが重要だと考えているからです。

「Shape」を始める前に、引退したプロ野球選手を多く受け入れているという飲食店を経営している方にフィールドインタビューをした時のことです。その方が、厳しい現状を教えてくれました。

だいたい元プロ野球選手を受け入れると、3年以内に辞めるか、無断欠勤でいなくなるか…という状態になったそうです。そして、それ以来引き受けなくなったと。

確かに、大人になってそれなりのお金を稼いでいたのに、いきなり飲食店で働く…となると、気持ち的に前向きにはなれないと思います。

でもそれはその選手のせいではなく、やはりその選手を取り巻く環境が原因だと思うのです。プロ入り前の学生時代にどれだけ将来のことを考える機会があるのか、大人と触れる機会があるのか…というところが大事だと考えています。

そのような機会を作り続けることが、私たちShape the Dreamの使命です。

 

白木栄次

高校からアメリカンフットボールを始め、3年連続全国優勝を経験。近畿大学に進み、4年時には主将としてチームを牽引する。富士通へ入社後は、社会人チームの富士通フロンティアーズでプレーし、2014年にチーム史上初の日本一に貢献。同年に現役を引退。2016年4月に青山ビジネススクールに入学。スポーツ界を中心とした教育現場の改革を志し「Shape the Dream」を立ち上げ、代表理事を務める。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。