【豪華対談】中竹×岡島×高濱「指導者に求められるリーダーシップ」(前編)

3月3日に開催されたスポーツコーチングJapanカンファレンス。

その基調講演として、「コーチ育成のプロ」中竹竜二氏と、「ビジネスリーダー育成のプロ」岡島悦子氏、そして「教育のプロ」高濱正伸氏による対談がおこなわれました。

「指導者に求められるリーダーシップ」というテーマのもと、これからの時代に求められるリーダー像や、ビジネス・教育の視点から見たスポーツの姿、スポーツコーチ育成の最新の潮流…など。

1時間という時間の中で多岐に渡る話題に対して、最先端の知見がぶつかり合う濃密な議論がなされました。

後編はこちら)

スポーツコーチングJapanカンファレンス

“From & To” Sports Coachingを掲げ、日本全体のマネジメントの質的向上をスポーツ界のコーチングから牽引することを目指す一般社団法人スポーツコーチングJapanが開催。「ここから。日本のスポーツコーチングをNext Stageへ」をカンファレンスのスローガンに掲げ、スポーツ界だけでなく様々な業界・分野の最先端の知見を持った識者を登壇者に招き、講演やワークショップをおこなった。

「カリスマリーダー」の時代は終わった

中竹:今回のテーマは、「リーダーの育て方」と、その根底にある「リーダーの在り方」とはです。

リーダーには何が必要で、どう育てるのかをお二人にお話を伺いたいと思います。岡島さん、いかがでしょうか?

岡島:まずビジネスの世界では、もうカリスマリーダーでは通用しないということが分かってきました。ビジネスサイクルも短くなり、リーダー1人で事業や組織を牽引することの限界が見えてきました。

これまで私たちは、明確なビジョンを打ち出すことがリーダーシップだ、と教えてきましたが、今はビジョンを作ること自体がすごく難しくなっています。先が読めないVUCA(※)の中で「これがビジョンだ」と言い切るのは、よほどの天才か、勘違い(会場笑)。

みんなが共感するストーリーを作ることが重要なのです。センスメイキング理論と言われていますが、正確性より納得性の方向性を見せることですね。

私は「カリスマリーダー」から「羊飼い型リーダー」へ、とよく言っていますが、日本だと「羊飼い」にあまり馴染みがないので、最近は「追い込み漁」と言っています。笑

つまり、後ろからみんなをある方向へ誘導していくということです。そして、現場にいる人がパフォーマンスを最大化する「環境整備」をすることがリーダーの仕事になってくると思います。

中竹:カリスマリーダーがビジョンを描けない中で、「コレクティブジーニアス」というのが一つの現象として出てきていますね。

岡島:「集団天才」ですね!

中竹:要するに、もう1人じゃ正しい解は見つけられないので、1人が出した解に対していろんな人がアイデアを乗せて、集団として天才になっていかないと、もうこれからは勝てなくなります。

岡島:それも、営業の人ばかりとか、ラグビーの人ばかりとか、同じ種類の人ばかりではダメです。だから今日みたいな色々な競技のコーチが集まっていることが凄く重要で、色々な視点を含んだ多様性のある集団でないとダメです。

(※)Volatility(変動性・不安定さ)、Uncertainty(不確実性・不確定さ)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性・不明確さ)の頭文字を取ったもの

株式会社プロノバ代表取締役 岡島悦子氏

「人を動かす」という教育の本質 を学ぶ

中竹:高濱先生はいかがでしょうか。

高濱:例えば、40年前の野球部って、軍隊みたいな「おい!やれよ!!」というノリですよね。あれは要するに「そこで勝ち残る数人を作る」仕組みなのです。

現場のコーチは、例えば、どうしたら足が速くなるかというような専門知識はさすがに凄い。ところが子どもたちはみんなその指導に飽きている。

なぜなら、それは大人の段階で得た知識を言おうとしているだけで、知識の押し売りでしかないのです。

その人たちに何が足りないかというと、子どもの「本質」を学んでいない。

リーダーとして、動かしたい対象の本質を知ること。子どもは、大人とは生き物として違う、ということをしっかり認識しないと。「自分」だけを基準にして教えようとしても、相手からしたら「意味がわからない」ですよ(笑)

相手がどういう風に生きていて、どういう時に動くのかな、ということを勉強することが、スポーツ界には決定的には足りていないな、と思います。今までの体育会系のノリで、ついてくるやつだけついてこい、というのは良くないですね。

花まる学習会代表 高濱正伸氏

中竹:ありがとうございます。

高濱先生のお話を聞いて、「本質」という言葉がすごく印象的でした。人間の感情や本能として、体を動かしたいとか、どこに興味があるか、これは原動力なので、それを知ることはコーチにとって非常に大事です。

私自身は今、「コーチのコーチ」の立場で、世界各国で自分と同じ立場の人が集まるカンファレンスに参加しています。

8年間出席していますが、3年程前から、「本質的なスポーツの楽しみ」をコーチと選手が味わおう、というテーマが増えています。

イングランドのサッカーのユースでは、クラブのお金でトランポリンを整備して、選手を思いきりはしゃがせて遊ばせています。将来絶対プロになるような逸材がそこで遊んでいる。

「コーチディベロッパー」、要するにコーチのコーチの間では、アスリートになる過程で「人間はどこで楽しみを覚えるか」ということを感じさせる時期を作らなければならないという流れになっています。

だけど、コーチは「そんなのやる意味ないだろ」と言ってどんどん負荷をかけて面白くない専門的なトレーニングをしてしまうのです。

日本ラグビー協会コーチングディレクター 中竹竜二氏

岡島:陸上の為末さんが、「努力は夢中に勝てない」といつも言っていて、これはビジネスも全く同じですが、最後に努力が熱量に勝てないことが結構あって、熱量を創り出す環境づくりをビジネスでもやっているという感じです。

人間の本質を見抜くというところで言うと、「ミレニアム世代(※)」と呼ばれる人たちはお金では動きません。

彼ら彼女らは「意味報酬」というものに凄く興味があって、社会にどんな意義があるのか、ということをとても重視しています。

自分たちがやっているその先に何が描けるのか、を伝えないと夢中になってはくれないのです。だから経営陣が徹底的にやっているのは、社員のインセンティブのスイッチ、心のスイッチをどう入れるか、というのをすごく考えていますね。

高濱:部下や選手たちがどれだけやる気になるか、というのは、親が我が子をどうやってやる気にさせるのか、というのと一緒で、かなり大きな壁なんですよね。特に長男・長女ですよ。今は一番上の子を育て損ねている時代でもあると思っています。

岡島:期待が大きすぎるということですか?

高濱:いや、本人のやる気ではなく、親が「やらせたい」ことをやらせているからだと思いますね。

(※)1980年代から2000年代初頭に生まれた10代、20代の若者の総称

後編へ続く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。