「良いケンカ」をしてチームを強くしよう(日本アーチェリー協会理事 守屋麻樹氏)

ぶつかるだけではダメ、話し合うこと

—— 「チームがまとまる」とは、具体的にどのような状態なのでしょうか?

チームビルディングについて、タックマンモデルという概念があります。チームは最初から良いチームがあるのではなく発達段階がある、という考え方です。

第一段階は、ただ人が集まりみんなが様子をうかがっている段階。だんだんとコミュニケーションにはこうしたいという願望や意見が出てくる。

この次に、「ストーミング・混乱期」という言いたいことを言ってぶつかり合う段階になります。ここで重要なのは、ぶつかるだけでは意味がなく、自分たちが何を望んでいてそれには何が必要なのかを話し合うことです。

それを経て第三段階で、リーダーが自然発生したり、ルール作りや役割分担したりと内部が活発化します。その中で小さな成功体験を積み、第四段階で結びつきの強い段階に行き着くんです。

チームビルディングの理論である「タックマンモデル」

多くの段階では第一段階から第二段階になる時に悩みが生じますが、そこでいかにコミュニケーションを増やしていくかが大事です。

ストーミングをどういう形で起こさせるかという点は、チームによって違うし、コーチや監督は工夫する必要がありますね。目標は「良いケンカ」をさせることですね。

—— 何か問題が起きたときに「チームを良くするチャンスにしよう」と思うことが大事かもしれませんね。

この間私たちのアーチェリー部でも(※守屋さんが率いる早稲田大学アーチェリー部では、その年の幹部を中心に、選手自らが出場メンバーの選考基準やメンバー編成を決定している)最後の公式戦のメンバーを決める際に、この間も選手たちが長い時間をかけて自分たちの思いをぶつけ合いながらミーティングを行ったんですね。

そのミーティングを経たことで、出場する選手は責任を感じることができ、出場できなかった選手も心から応援することができるんじゃないでしょうか。この積み重ねが「チーム力」になるのではないかと思います。

—— そういった意味では、チームが負けたときも良い転機になりますね。

やるべきことしていながらも勝てない時と、していなくて勝てない時がありますよね。やるべきことをやらずに勝てないのは当たり前なので、その場合は勝利するために必要な要素を選手に考えさせるようにアプローチします。

十分にやっていながら負けてしまった時には、敗北の重要性について声をかける事が多いですね。努力を認めつつも、勝利に至らなかった「何らかの理由」を見つけて次に活かそうと声をかけます。

具体的な手法ですが、なぜ負けたか全くわからないという時、特にその敗北がシーズンの序盤の場合には「この時点での敗北には何か意味がある」と表現して、今後チームを強く固めていくための材料として活かしますね。ただの偶然として流すよりも、重く受け止めた方がチーム力アップにつながると思いますね。

そして何より、良い敗北は、改めて目標設定をする良いチャンスになります。どこを目指しているのか、そのために何が必要なのか、振り返るための良い材料となるので、監督やコーチにはぜひそこも意識して欲しいですね。

ーー 大人数でのチーム運営で意識すべきことはありますか?

全員と面談のような形式で話ができれば理想的だけれども、その時間を取れないこともあると思うので、少なくとも全員を見ているというメッセージを発信することは重要だと思います。

チームの人数が増えるほど試合に出れない選手の人数も増えることになるので、2軍以下の選手もしっかりと評価対象であることを伝えると、選手個人のモチベーション維持やチーム全体の良い雰囲気作りに寄与できると思います。

守屋麻樹(ローレルゲート株式会社代表取締役/NPO法人コーチ道理事)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。