「自然と一体化」する…カヌーとは何か?(一般社団法人カヌーホーム 尾野藤直樹さん)

「カヌー」と「ボート」の違い

はじめまして。一般社団法人カヌーホームの尾野藤直樹と申します。

皆さんは、「カヌー」と聞いて、どんな映像を思い浮かべるでしょうか。
カヌーを行っている私たちがよく間違われてしまうのは、「ボート」です。
水上スポーツやアクティビティには多様な種目があり、重なり合う面もあるため、厳密に線引きをすることは難しいですが、とても簡単に言うと、「カヌー」はパドルを使用し、艇(てい)を前方に向かってすすめ、「ボート」はオールを使用し、艇を後方に向かってすすめます。

「カヌー」の中にも11種類ある

カヌーの中にも、カヤック、カナディアン、アウトリガー、SUP(サップ)、フリースタイル・・・etc 様々な艇の形状や競技ルールによる種目分けがあります。そのため、カヌーの中でも何がどう違うの、という質問もよく受けます。

大きくは、レジャーカヌーと競技カヌーに分かれ、そのうえで、ICF(国際カヌー連盟)に登録されているカヌー競技はなんと11種目もあります。20人以上の人数で艇をすすめるドラゴンボートや、カヌーに乗りながら行う水球のようなカヌーポロ、水上のロデオと称されるフリースタイルなど、幅広い競技種目があります。

更にその中でオリンピック競技に採用されているのは、カヌースラロームとカヌースプリントの2種目。
スラロームは、前回のリオオリンピックで羽根田卓也選手がアジア人初の銅メダルを獲得し、一躍脚光を浴びました。
激流を下りながら、全身をひねるダイナミックの動きをしながらポイントを通過しタイムを競う、迫力満点の競技。

カヌースラローム

一方スプリントは、静水面において200~1000mのタイムを競う競技で、今まで日本人選手のオリンピックでのメダル獲得はありません。
Ready Set Goの合図のもと、ゴールに向かって一直線に漕ぎ抜けるとき、感じる風、水、声援などすべてが一体化する瞬間の気持ちよさは何とも言い表せません。

カヌースプリント

「自然と一体化」する感覚が忘れられない

カヌーホームとしては、先述の11種目を「パドルスポーツ」とくくり、普及強化支援の対象としています。(※便宜的に「カヌー」と呼称します。)そんなカヌーの魅力ですが、カヌーとともに20年以上人生を過ごしてきた今となっては、もはや自分のアイデンティティといっても過言ではありません。

もちろん、マイナースポーツに共通する「新しいことを始める新鮮さがある」「自分の成長が目に見えて感じられる」「高校生や大学生から始めても戦う土俵がある」などそういう魅力はあります。

しかし、カヌーでなくてはならない理由は、どこにあるのでしょうか。

これについては、一つエピソードがあります。
私は、大学を卒業して一度カヌーから離れた時期があります。

一般企業に就職し、カヌーのカの字もない日々を過ごしていたある日、道端の田んぼの水面が風に揺らめいていたのを見た瞬間、ものすごくカヌーが恋しくなりました。カヌーに乗り、水上にいる感覚は陸上で過ごす感覚と大きく違います。

身体に風を受け、その日の空気や水を肌で感じる。全身を使って艇を操り、進める。
自然と一体化するこの感覚こそ、筆舌に尽くしがたい魅力です。
カヌーホームに従事している他のメンバーも、同じようにカヌーから離れられないようです。

「カヌー」の取り巻く環境を変える

カヌーの虜になる人は確実に毎年一定数いるのですが、日本において、大きな課題であるのが、学校の枠組みを卒業すると活動を続けるのが難しいことが挙げられます。
コーチ事情に関しても、プロとして、カヌーのコーチ業で生計を立てる人はほんのわずかです。カヌーというスポーツに携わって生きていく人が極端に少ないのです。

カヌー競技の現状や魅力を多くの方に知っていただくこと、これからのスポーツの在り方を踏まえてカヌー競技の練習・コーチング・ふれあい環境を整えていくことが、私たちカヌーホームの存在意義です。

次回の記事より、カヌー競技との出会いに関する国内事情や海外比較、カヌー競技の競技特性とコーチングに関する基礎について発信しようと思います。

尾野藤直樹

略歴
一般社団法人カヌーホーム 代表理事
日本カヌー連盟ジュニア強化委員長

1978年    愛知県高校入学を機にカヌーと出会う
1996年    大正大学碧水会カヌー部に入部
2000~2008年 日本代表選手。全日本選手権4連覇
2010~2012年 ナショナルチームコーチ
2013~2015年 ナショナルチームヘッドコーチ
2017年~   日本カヌー連盟ジュニア強化委員長
2018年    一般社団法人カヌーホームを創設

一般社団法人カヌーホーム
パドルスポーツの競技普及や強化を支援する目的で、2018年2月1日に設立。
https://www.canoehome.or.jp/
https://m.facebook.com/canoehome2018/

スポーツコーチング・イニシアチブイベント告知

NPO法人スポーツコーチング・イニシアチブのスポーツコーチング・ラボvol. 19では、「指導の質を高める感情コントロール術」~チームの勝利と人間的成長の両立を目指して~を2019年12月18日19時~21時30分に渋谷にて開催します。

今回のスポーツコーチング・ラボでは、アメリカでメンタルパフォーマンスコーチとして研究と実践に携わる早川琢也氏をお招きします。

本ウェブサイトでアメリカの最新情報を提供していただいている方でもあるのでこの機に是非ご参加ください。

詳細は下記の通りです。

「指導の質を高める感情コントロール術」~チームの勝利と人間的成長の両立を目指して~

【講師】

早川琢也氏

2007年東海大学理学部情報数理学科卒、2009年東海大学体育学研究科体育学専攻修了。

東海大学大学院では実力発揮と競技力向上の為の応用スポーツ心理学を学ぶ。 

2014年8月よりテネシー大学運動学専攻スポーツ心理学・運動学習プログラムに在籍。

スポーツ心理学に加え、運動学習、質的研究法、カウンセリング心理学、怪我に対するスポーツ心理学など幅広い分野について学ぶ傍ら、同プログラムに所属する教員・学生達のメンタルトレーニングを選手・指導者へ指導する様子を見学し議論に参加する。

2016年8月より同大学教育心理学・カウンセリング学科の学習環境・教育学習プログラムにて博士課程を開始。

スポーツスキルを効率良く上達させる練習方法、選手の自主性を育む練習・指導環境のデザインについて研究している。

学術的な理論や研究内容に基づいた実践方法を用いて、日本・アメリカのスポーツ選手に対して実力発揮のメンタルスキルの指導とスポーツスキル上達のサポートも積極的に行なっている

2016年よりアメリカ南東部剣道連盟の選抜チームに対して心理的サポートを行なっている。

ダブル・ゴールコーチングの翻訳本のご案内

コーチングについては、アメリカで指導者になる際に学ぶダブル・ゴールコーチングという方法があります。

このダブル・ゴール・コーチングは、アメリカを中心としてスポーツ指導者になるためには必ず学ぶ方法です。

翻訳本の購入はこちらをクリック

著:ジム・トンプソン

​東洋館出版社

価格:1200円(税込)

※送料(180円/冊・レターパック)が別途かかります。

ダブル・ゴール・コーチングの持つパワー

~スポーツでも人生でも勝者となる人材を育成する~

​アメリカで800万人以上のスポーツコーチが学んだ、「勝利」と「人間的成長」のダブルゴールを達成するためのコーチングメソッドのエッセンスが詰まった書籍がついに邦訳!


序文 フィル・ジャクソン

第1章:コーチとして次の世代に引き継ぐもの

第2章:ダブル・ゴール・コーチ®

第3章:熟達達成のためのELMツリーを用いたコーチング

第4章:熟達達成のためのELMツリー実践ツールキット

第5章:スポーツ選手の感情タンク

第6章:感情タンク実践ツールキット

第7章:スポーツマンシップの先にあるもの:試合への敬意

第8章:試合への敬意の実践ツールキット

第9章:ダブル・ゴール・コーチのためのケーススタディ(10選)

第10章:コーチとして次の世代に引き継ぐものを再考する

同時にコーチングステーションのWEBライター募集中です!

コーチングを専門領域としている方!記事を書いてみませんか?

よろしければご連絡お待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。