CATEGORY スポーツコーチング

伸び悩み(プラトー)を打破する為の限界的練習について

スポーツに一定期間取り組んでいると、ある時期に「伸び悩む」経験をすることは多いでしょう。この伸び悩んでいる時期は成長の実感が感じられず、イライラしてしまいがちです。これまで楽しんでいたスポーツや練習に対するモチベーション…

感情のコントロールが必要な理由とその方法

自分の感情がうまくコントロールできずに悩んでいる方も少なくないのではないでしょうか。感情のコントロールは、自分を制する方法でもあります。 エベレスト世界初登頂を果たしたサー・エドモンド・ヒラリーは下記のような言葉を残して…

コミュニケーション方法によって自分と相手の関係は決まる

現在はコミュニケーションの方法はインターネットや書籍などから簡単に得られて、実践しやすい環境と言えます。 しかし、実際に使っているものの期待している程の効果を実感出来ていない方も少なくないでしょう。本来コミュニケーション…

体罰・しつけが子供に悪影響を及ぼす理由

体罰・しつけは、教育において悪影響しか及ぼしません。 スポーツ指導の現場で起こる体罰やハラスメントは日常的にニュースに取り上げられるようになりました。 これに対処すべく、政府は子どもへの体罰を禁止する法律を6月19日に制…

ソーシャルスキルとスポーツコーチングが人生100年時代の社会人基礎力を築く

ソーシャルスキルとは社会性・対人関係における能力 ソーシャルスキルとは藤本・大坊1) によれば、「主に対人関係における社会性に関わる能力・対人関係能力」と定義されており、コミュニケーションスキルが、最も基盤として語られて…

指導者のコミュニケーション能力が向上すると選手のパフォーマンスが 向上する

近年、各スポーツ場面において指導者と選手の在り方が問われる出来事が目につきます。その多くの場合は、指導者から選手への行き過ぎた一方通行の関係が原因になっているように見受けられます。 一方で指導者と選手が健全にコミュニケー…

「質より量」がもたらすスポーツ社会の弊害と問われるスポーツコーチングの在り方

「質より量」は、日本社会の根底にある基本的な考え方です。この考え方は、現在でも日本スポーツ社会に大きく根付いている考え方でもあります。 しかしながら、「質より量」のスポーツコーチングは、変えていくべき考え方でもあります。…