コーチングスキルを高める前に学ぶべき「五者の精神」

コーチングを行うためにはコーチングスキルは必要です。しかしながら、小手先のテクニックだけではなく、コーチとしての心構えとして「五者の精神」を学ぶことは非常に重要です。

 

本記事では、このコーチングスキルを向上させる前に学ぶべき五者の精神について解説します。

コーチングスキルを高める前の心構えとして五者の精神を学ぶべき

 

コーチングスキルを高める前の心構えとして、五者の精神をあなたは学ぶべきです。なぜならば、五者の精神とは、コーチとして持ち併せるべき哲学の一つとなり得るためです。

 

このコーチング哲学は、コーチとして常に研鑽し続け絶えず変化していくべきものです。なぜならば、このコーチング哲学は、コーチの判断や決断に大きく影響し1)、常に最善の選択を行うために欠かせないものであるためです。

 

コーチング哲学の一つとして、五者の精神を学ぶことは非常に有効な手段です。

 

五者の精神とは、下記の5つの精神を指します。

・コーチは学者であれ

・コーチは役者であれ

・コーチは易者であれ

・コーチは芸者であれ

・コーチは医者であれ

コーチとして求められることは必ずしもコーチングスキルとは限らない

コーチとして求められる事は必ずしもコーチングスキルであるとは限りません。

 

スポーツ現場にいるとしばしば見られる光景として、選手から信頼されていないコーチがいることです。

 

特に私の場合には、コーチという立場よりも、スポーツ心理学のコンサルタントとしての活動が主であるため、選手とコーチの中立の立場に立つことがほとんどです。

 

コーチングスキルを高めたコーチであっても、選手から信頼がなければよい指導を行うことが出来ません。なぜならば、そのコーチと選手の関係性が希薄であると、指導の質も大きく異なってしまうためです。

 

例えば、選手がコーチの前では頑張るもののコーチがいないとさぼる、練習をしないといった場面には良く遭遇します。

 

この原因は、コーチに対する信頼がないために選手自身の弱みをさらけ出さないようにするといった行動が起きてしまうためです。

 

選手は、コーチに弱みを知られたり、頑張っていない自分を見られることによってレギュラーから外されたりなどの処遇を恐れているのです。

 

つまり、この場合の問題点としては、コーチングスキルの問題ではなく、指導者としての心構えによって選手との関係性が希薄になることによって起こることです。

 

これはあくまで一例ですが、コーチ自身が自らの哲学を研鑽することによって選手との関係性は大きく変化し、指導の質も大きく向上するでしょう。

五者の精神について

五者の精神は、コーチング哲学を学ぶ上で参考になります。

コーチは学者であれ

コーチは学者であれという精神は、豊富な知識を持ち卓越した問題解決能力を持つということです。

 

コーチには、現場での実践方法だけではなく、スポーツ医学や栄養学、心理学、運動学や生理学といった幅広く膨大な知識が必要です。実際に、公認スポーツ指導者の資格認定のためのカリキュラムの中でも、これらの理論や知識は学ぶ必要があります。

 

これらの知識をもとに、問題点を抽出し、それに対する解決策を出し実行することが求められます。

コーチは役者であれ

コーチは役者であれという言葉は、選手とのつながりの深い関係性を築くということです。

 

先にも述べた通り、関係性が希薄であればあるほど、その選手の真に迫る事は出来ません。真に迫ることが出来れば、その選手の本質的な成長だけではなく、根本的な問題解決に繋がる場合もあります。

コーチは易者であれ

コーチは易者であれという精神は、選手の事を分析し、的確な指導ができるということです。知識があり、選手のことがよく分析できれば、その選手が求めている目標や理想に近づけるコーチングが可能になるでしょう。

 

コーチは芸者であれ

コーチは芸者であれという精神は、選手を励ます力ややる気にさせる力をもつということです。

 

スポーツ現場では、選手が落ち込んだり、やる気が下がったりしてしまうことは少なくありません。この時に、やる気をだせといって選手がやる気になれば、日本中のスポーツ選手がやる気に満ち溢れているはずです。

 

しかしながら、そうではないからこそコーチが励ます力ややる気にさせる力を持つべきなのです。

コーチは医者であれ

コーチは医者であれという言葉は、精神面や体力面、技術面などを総合的にフォローできるということです。

 

コーチだから技術指導ができればいいという考え方ではなく、様々な知識を有していて、選手の信頼できる存在だからこそ、選手を最もサポートできるのはコーチであるためです。

まとめ

コーチングスキルを向上させる前の心構えとして、五者の精神は参考になるでしょう。

 

なぜならば、現場のコーチングではコーチングスキルだけが求められるわけではないからです。コーチング領域以外の知識の豊富さ、あるいは深い関係性、言葉のかけ方といった事があります。

 

これらはスポーツ選手に最も近い存在がコーチであるからこそ必要な精神です。

 

本記事を参考にコーチング哲学を磨いてみてはいかがでしょうか。

 

引用参考文献

  • Jeffrey J. Huber(2013).Applying Educationnal Psychology in Coaching Athletes Human Kinetics.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

東海大学体育学部競技スポーツ学科卒(2015) 東海大学大学院体育学研究科修了(2017) 専門はスポーツ心理学で主にメンタルトレーニングの研究と実践に携わる 経歴は、大学生弓道部(5年)中学生野球部(2年) 大学生弓道部は全国ベスト8 3回 16 1回を経験 大学院修了後はフリーランスとしてウェブライター兼メンタルトレーニングアドバイザーとして活動