スキルと能力の違いとは?ビジネスパーソンに求められるのはパラメータ!

スキルと能力の違いについて詳しく求められたときに、違いが分からず戸惑ってしまう方は少なくありません。特に転職や企業などに携わるビジネスパーソンであれば、意味の違いを把握してスキルや能力を高めるは大切でしょう。

本記事では、このようなスキルと能力の違いや、高め方について詳しく解説します。

能力とスキルの違いはパラメータかノウハウか

能力とスキルの違いは、パラメータかノウハウかにあります。能力はビジネスパーソン自身がもつ力のことで、能力は多くのスキルを持つことによって高まります。

スキルと能力の違いについては下記の通りです。

能力は英語でAbility

能力は英語でAbilityです。このAbilityは英英辞典で検索すると、”someone’s level of skill at doing something” 1)と記載されています。

解釈としては、スキルよりもすこし抽象的な概念であることが分かります。つまり、スキルがいくつかあったとすると、まとめて「能力」として解釈されます。

スキルは英語でA particular ability

能力に対してスキルは、”A particular ability” 1)と表現されます。つまり特定の能力と解釈されるため、能力(Ability)の一部分をスキルが担っているということです。

スキルがあるから能力が高まる

スキルと能力についてまとめると、いくつか「スキル」が合わさると「能力」になります。言い換えれば、「能力」はパラメータのようなものであり、「スキル」は能力の一部分と言えるでしょう。

能力を高めるためにはマインドセットと業界共通の能力(パラメータ)が重要

能力を高めるためには、物の考え方・捉え方の部分であるマインドセットと、どの業界にも共通しているスキルが重要です。

能力を高めるためのマインドセットは成長マインドセット

能力を高めるためのマインドセットとして、成長マインドセットが挙げられます。この成長マインドセットとは、「自分自身の能力は、努力や経験によって開発できる。」という思考方法です。

マインドセットに関する記事は下記に触れてあるので参考にしてみてください。

成功体験を積むとどうなる?基本的な考え方を心理学的知見に基づいて解説!

この成長マインドセットを持つビジネスパーソンは、どの分野においても自分自身の能力につなげることができます。

例えばエンジニアのビジネスパーソンを対象とした研究結果2)によれば、既に技術を身につけたエンジニアと、エンジニアに関する勉強をしている学生の間には、マインドセットに科学的な違いがあることが報告されています。

つまりこの成長マインドセットは、技術を身につける中で培われやすく、成長マインドセットを持つことができれば、どの能力を高めるにしても高めやすくなるということです。

企業に対して自己PRをする場合には、成長マインドセットの部分をアピールすることで、能力を身につけるマインドが備わっているとみなされるでしょう。

業界共通のスキルとはソーシャルスキルを指す

業界共通のスキルとして、ソーシャルスキルが挙げられます。

能力を高める上では、どの業界においても共通するスキルが重要です。代表的な例としてはコミュニケーションスキルが挙げられます。

このようなコミュニケーションスキルは、ソーシャルスキルとして心理学領域で多くの研究が行われています。

ソーシャルスキルに関して井芹3)は、ソーシャルスキルが社会的資質・能力として位置づけられていると述べています。

このソーシャルスキルの中には、コミュニケーションスキルやリーダーシップスキル、論理的思考力や自己管理能力といった様々なスキルが含まれています。

つまり、どの業界においても基盤となる能力としてソーシャルスキルがあり、ソーシャルスキルを多く持ち合わせているほど業界共通の能力(社会人基礎力など)が高いといえます。

転職活動などで企業に能力を自己PRする場合には、今まで身につけた専門性をPRするのもよいですが、ソーシャルスキルも同様にアピールすることで、社会人としての基礎力が備わっているという印象を与えられるでしょう。

成長マインドセットを養うための思考方法

成長マインドセットを養うための思考方法としては、ポジティブシンキングスキルを高めることは有効ですが、ポジティブシンキングスキルを高める上では、近年ACT(Acceptance & Commitment Therapy)が心理学領域では注目されています。

ACTとは、ポジティブ心理学領域のマインドフルネスなどから派生したとされており、「今の自分自身を受け入れる」ことから始まります。従来の方法として、ネガティブな捉え方をポジティブに捉えるという積極的思考法が主流でした。

積極的思考法のやり方

積極的思考法は、何かネガティブなことが起こった時にポジティブに変換します。

例えば、「仕事でミスをしてしまった、ダメだな、自分」というネガティブな気持ちでいるのではなく、「仕事でミスをしてしまった。でも次ここをこうすればうまくいく」と自分の中で捉え方を変えるような方法です。

この積極的思考法は、日常的に行う事で自分自身の物事の捉え方が自然とポジティブになるように変化させるやり方です。

ACTで成長マインドセットを養って能力を培う

ACTの手法では、「仕事でミスをしてしまった、だめだな、自分」という今の自分自身を受け入れることが重要です。

そのうえで、どういった選択をしてどのような行動をするのかを決めます。

例えば、仕事でミスをして落ち込んでしまっている自分がいて「自分はネガティブに考えてしまっているな、これでは次につながらない。次に同じことをするときにどうしたら上手くいくかな。」と、次のプランニングをする選択をしたとします。

もしプランニングで困ったとしたら、「上司の人にこういう時にどうすれば良いか聞いてみよう。」と上司とのコミュニケーションを図るという行動をするかもしれませんし、「次の具体的なアクションはこうだ。」と自己解決することができるかもしれません。

このように今の自分自身を受け入れて、次の選択をして行動を起こすというサイクルを踏んでいくだけでも、成長マインドセットを養うことにつながり、どんな種類であれ、能力を高めることにつながります。

まとめ

能力とスキルの違いはパラメータかノウハウかの違いです。能力はスキルよりも基盤となる表現で、スキルを多く身につけることによって能力が高まります。

能力を高めるためには、マインドセットと業界共通の能力が重要です。マインドセットで重要なのは成長マインドセットと呼ばれる物事の考え方・捉え方を養うことで、業界共通の能力とは、ソーシャルスキルなどの社会人としての基盤となるスキルです。

成長マインドセットを養うための思考方法としては、心理学領域で近年注目されているACT(Acceptance& Commitment Therapy)があり、今の自分自身を受け入れて、選択し判断するというサイクルを踏みます。

ACTのサイクルを踏むことによって、成長マインドセットが養われて、どんな能力・スキルでも身につけやすくなります。

本記事を参考にして能力・スキルを高めてみてはいかがでしょうか。

その他にもスキルについて触れている記事がありますので参考にしてみてください。

引用参考文献

1) 「Longman English dictionaries」<https://www.ldoceonline.com>(2019年6月20日アクセス)

2) Kenneth J. Reid& Daniel M. Ferguson(2011). Enhancing the Entrepreneurial Mindset of Freshman Engineers, 2011 Frontiers in Education Conference(FIE). DOI: 10.1109/FIE.2011.6142734(cited 2019-6-20)

3) 井芹まい(2016).大学生の社会的資質・能力に関する近年の研究動向―国内における心理測定尺度に着目して―,早稲田大学大学院教育学研究科紀要,24(1):93-103.

スポーツコーチング・イニシアチブイベント告知



NPO法人スポーツコーチング・イニシアチブのスポーツコーチング・ラボvol. 18では、強豪校東海大バスケットボール部の陸川先生の取り組みを紹介します。

今回のスポーツコーチング・ラボでは、東海大学の取り組みをご紹介するとともに、スポーツコーチング・イニシアチブのメンバーとのディスカッションも予定しています。

興味がございましたら是非足をお運びください。

詳細は下記の通りです。

「チームの勝利と人間成長」~強豪東海大バスケットボール部 陸川先生の取り組み~

【講師】

陸川章氏

東海大学スポーツ教育センター 所長、東海大学男子バスケットボール部 監督。

新潟県立新井高校でバスケットボールを始め、日本体育大学卒業後、日本鋼管(NKK)へ。日本リーグ優勝やMVP獲得などの実績を残す。

日本代表には11年間在籍。主将も務めた。 引退後はアメリカにコーチ留学、2001年から東海大学に赴任。

2005年、06年、12年、13年、18年に全日本大学バスケットボール選手権大会を制覇。 現 在は、U22日本代表強化委員長並びに 全日本大学バスケットボール連盟強化部長 も兼務。

2009、11年、17年のユニバーシアード大会男子代表監督も務めた。



ダブル・ゴールコーチングの翻訳本のご案内

コーチングについては、アメリカで指導者になる際に学ぶダブル・ゴールコーチングという方法があります。

このダブル・ゴール・コーチングは、アメリカを中心としてスポーツ指導者になるためには必ず学ぶ方法です。

翻訳本の購入はこちらをクリック

著:ジム・トンプソン

​東洋館出版社

価格:1200円(税込)

※送料(180円/冊・レターパック)が別途かかります。

ダブル・ゴール・コーチングの持つパワー

~スポーツでも人生でも勝者となる人材を育成する~

​アメリカで800万人以上のスポーツコーチが学んだ、「勝利」と「人間的成長」のダブルゴールを達成するためのコーチングメソッドのエッセンスが詰まった書籍がついに邦訳!


序文 フィル・ジャクソン

第1章:コーチとして次の世代に引き継ぐもの

第2章:ダブル・ゴール・コーチ®

第3章:熟達達成のためのELMツリーを用いたコーチング

第4章:熟達達成のためのELMツリー実践ツールキット

第5章:スポーツ選手の感情タンク

第6章:感情タンク実践ツールキット

第7章:スポーツマンシップの先にあるもの:試合への敬意

第8章:試合への敬意の実践ツールキット

第9章:ダブル・ゴール・コーチのためのケーススタディ(10選)

第10章:コーチとして次の世代に引き継ぐものを再考する

同時にコーチングステーションのWEBライター募集中です!

コーチングを専門領域としている方!記事を書いてみませんか?

よろしければご連絡お待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

東海大学体育学部競技スポーツ学科卒(2015) 東海大学大学院体育学研究科修了(2017) 専門はスポーツ心理学で主にメンタルトレーニングの研究と実践に携わる 経歴は、大学生弓道部(5年)中学生野球部(2年) 大学生弓道部は全国ベスト8位3回 16位1回を経験 大学院修了後はフリーランスとしてウェブライター兼メンタルトレーニングアドバイザーとして活動