怒るよるも「叱る」を効果的に使うためには?

怒る教育と叱る教育には違いがあります。一方的に感情を表出した怒る教育は、両者の関係を悪化してしまいスポーツ教育のみならず学校教育や家庭教育、人材育成の観点からも悪影響を及ぼすことでしょう。

本記事では、怒ると叱るの違いと怒ってしまう原因や叱って教育をするために必要なことについて解説します。

「怒る」と「叱る」の違いは感情が含まれているかどうか

怒ることと叱ることの違いは、そのコミュニケーションの中に感情が含まれているかどうかが教師の世界で語られることが多いと報告されています1)。

特に子供への教育では、親や教師が感情的になってしまうといった場面をよく目にします。スポーツ界においても人間的成長を促すために感情的に怒鳴る指導が行われているというのは否定できません。

怒る原因は感情コントロール力

子供を怒ってしまうという現状の背景としては、親や教師、コーチなど教育者が感情的になってしまうことや何度言っても同じことを子供が繰り返してしまうためイライラしてしまうことなどが背景として挙げられます。

子供の教育に関する親の悩みの調査結果2)の中では、63.7%もの親が「感情的になってしまう」と回答しており、50%もの親が「何度言っても同じことを繰り返す」という悩みを抱えていると報告されています。

こういった延長線上に子供への虐待や殺害にまで及んでいるケースも報告されています3)。

つまり、子供を怒ってしまう原因は、親や教師、コーチの感情をコントロールする能力に課題があります。

感情のコントロールについては、下記の記事を参考にしてみてください。

叱ることは信頼関係を良くする

怒りの感情を含まない「叱る」教育は、お互いの信頼関係を築くことにもつながります。当然のことながら、信頼関係を築くためには、ほめることも必要で、使い分ける必要があります。

石川3)によれば、ほめることがオーバーになりすぎると、相手の心に届かないことが述べられており、ほめるだけの教育は危険性もはらんでいることが示唆されています。

逆に叱ることも取り入れることによって、間違ったことへの指摘により相手の信頼感が増すことも述べています。

つまり叱る教育は、正しく用いる事によって信頼関係を築き上げることにつながるのです。叱り方に関する記事は過去にあるので下記を参考にしてみてください。

怒ることは相手との相互理解を妨げてしまう

怒る教育は相手との相互理解を妨げてしまう可能性が高いです。なぜならば、荘厳ら4)の研究結果の中で可能性が示唆されているためです。

この研究結果の中では、母親の感情が子供の行動へどのように影響しているのかを調査しています。調査のなかで、母親の感情表現パターンは下記のように4つあることが報告されています。

  • ポジティブな感情もネガティブな感情も表現する母親
  • ネガティブな感情もポジティブな感情もあまり表現しない母親
  • ポジティブな感情は表現するがネガティブな感情は表現しない母親
  • ネガティブな感情は表現するがポジティブな感情は表現しない母親

この中で怒ることが中心となる教育はネガティブな表現はするがポジティブ感情は表現しない母親と同じです。

母親と子供について荘厳4)は、母親と子供の密接な感情経験を共有することを制限されている可能性があると指摘しています。

このように怒る教育は、お互いの感情経験の共有を制限してしまい、相互理解を妨げてしまうことが言えます。つまり、教育する側に求められることして感情の制御が重要であり、お互いの信頼関係へつながり教育としてのコミュニケーションが円滑になるといえます。

自分の感情をコントロールするための2つのスポーツ心理学におけるトレーニング方法

自分の感情をコントロールするための2つのスポーツ心理学におけるトレーニング方法としては、自分自身の捉え方を変えることと、自分自身の態度を変えるやり方があります。

ただし、感情をコントロールする術を身に着けるためにインスタントな方法はなく、長期間かけて身に着けなければなりません。

感情をコントロールするために自分自身の捉え方を変える

自分自身の感情をコントロールするためには、自分自身の捉え方を変えなければなりません。なぜならば、感情とは出来事に対する反応のことであり、捉え方によって反応が異なります。

例えば、部下や子供がミスをしたとして捉え方としては何通りか考えられます。部下のミスをダメなことだとして捉える場合もあれば、一つの成長のきっかけとして捉える場合もあるでしょう。あるいは、ミスはミスだがミスを成長に活かすという考え方もあるかもしれません。

つまり、自分自身が出来事に対してどのように捉えているのかを自分自身で認識する必要があるのです。何か出来事が起こった時に「今自分はどう捉えたのかな?」「どう行動すれば良いのかな?」と問いかけてみると良いでしょう。

部下や子供がミスを犯したときに、ミスに対して自分はどう感じるのか、相手にどのように対応すればいいのかが見えてきます。

おそらくミスはダメなことだとして捉えている人は怒ってしまうかもしれませんし、ミスはミスだが次に活かすきっかけとして捉えている人にとっては、叱る行動を選択するかもしれません。

感情をコントロールするために自分自身の態度を変える

自分自身の感情をコントロールするために自分自身の態度を変えるのも一つの手です。どちらかといえばこちらのほうがインスタントに近いかもしれません。

自分自身の態度とは、表情や声のトーンといったことを意図的にコントロールすることで感情をコントロールする方法です。心と体は表裏一体であり、心を変えれば体への反応は変わり、体が変われば心への反応もかわります。

例えば怒ってしまいそうになったときに、あえて自分自身の表情を笑顔や冷静な顔にすることによって、心も落ち着かせるという方法です。

まとめ

怒ると叱るの違いは感情が含まれているかどうかです。怒ってしまう理由としては、教育者が感情をコントロールできていないことが挙げられます。

ただし、叱ることは教育の一環であり、信頼関係につながります。一方で怒る教育は相手との相互理解を妨げてしまい、教育の効率を妨げてしまいます。上手く叱るためには、感情をコントロールする術を身に着けなければなりませんが、インスタントはありません。

長い時間放置していた感情制御のスキルを身に着けて叱り方をマスターしうまく子供や部下、選手を教育してみませんか?

引用参考文献

1) 伊佐夏実(2009).教師ストラテジーとしての感情労働 教育社会学研究84:125-144.

2)2012年7/26から7/30の5日間5歳までの子供を持つ母親へのインターネット調査(有効回答300件)AERA with baby2012/10「しつけの悩みその正体」pp14-16.

3) 石川真由美(2013).育児書・育児雑誌におけるしつけに関する考え方の分析―「叱る」「ほめる」に着目して― 愛知教育大学幼児教育研究17:29-37.

4)荘厳舜哉,益谷真,今川真治,中道正之(1989).母親の感情表出スタイルと13か月齢の子供の感情行動 教育心理学研究37(4):52-57.

関連記事はコチラ

スポーツコーチング・イニシアチブイベント告知

NPO法人スポーツコーチング・イニシアチブのスポーツコーチング・ラボvol. 19では、「指導の質を高める感情コントロール術」~チームの勝利と人間的成長の両立を目指して~を2019年12月18日19時~21時30分に渋谷にて開催します。

今回のスポーツコーチング・ラボでは、アメリカでメンタルパフォーマンスコーチとして研究と実践に携わる早川琢也氏をお招きします。

本ウェブサイトでアメリカの最新情報を提供していただいている方でもあるのでこの機に是非ご参加ください。

詳細は下記の通りです。

「指導の質を高める感情コントロール術」~チームの勝利と人間的成長の両立を目指して~

【講師】

早川琢也氏

2007年東海大学理学部情報数理学科卒、2009年東海大学体育学研究科体育学専攻修了。

東海大学大学院では実力発揮と競技力向上の為の応用スポーツ心理学を学ぶ。 

2014年8月よりテネシー大学運動学専攻スポーツ心理学・運動学習プログラムに在籍。

スポーツ心理学に加え、運動学習、質的研究法、カウンセリング心理学、怪我に対するスポーツ心理学など幅広い分野について学ぶ傍ら、同プログラムに所属する教員・学生達のメンタルトレーニングを選手・指導者へ指導する様子を見学し議論に参加する。

2016年8月より同大学教育心理学・カウンセリング学科の学習環境・教育学習プログラムにて博士課程を開始。

スポーツスキルを効率良く上達させる練習方法、選手の自主性を育む練習・指導環境のデザインについて研究している。

学術的な理論や研究内容に基づいた実践方法を用いて、日本・アメリカのスポーツ選手に対して実力発揮のメンタルスキルの指導とスポーツスキル上達のサポートも積極的に行なっている

2016年よりアメリカ南東部剣道連盟の選抜チームに対して心理的サポートを行なっている。

ダブル・ゴールコーチングの翻訳本のご案内

コーチングについては、アメリカで指導者になる際に学ぶダブル・ゴールコーチングという方法があります。

このダブル・ゴール・コーチングは、アメリカを中心としてスポーツ指導者になるためには必ず学ぶ方法です。

翻訳本の購入はこちらをクリック

著:ジム・トンプソン

​東洋館出版社

価格:1200円(税込)

※送料(180円/冊・レターパック)が別途かかります。

ダブル・ゴール・コーチングの持つパワー

~スポーツでも人生でも勝者となる人材を育成する~

​アメリカで800万人以上のスポーツコーチが学んだ、「勝利」と「人間的成長」のダブルゴールを達成するためのコーチングメソッドのエッセンスが詰まった書籍がついに邦訳!


序文 フィル・ジャクソン

第1章:コーチとして次の世代に引き継ぐもの

第2章:ダブル・ゴール・コーチ®

第3章:熟達達成のためのELMツリーを用いたコーチング

第4章:熟達達成のためのELMツリー実践ツールキット

第5章:スポーツ選手の感情タンク

第6章:感情タンク実践ツールキット

第7章:スポーツマンシップの先にあるもの:試合への敬意

第8章:試合への敬意の実践ツールキット

第9章:ダブル・ゴール・コーチのためのケーススタディ(10選)

第10章:コーチとして次の世代に引き継ぐものを再考する

同時にコーチングステーションのWEBライター募集中です!

コーチングを専門領域としている方!記事を書いてみませんか?

よろしければご連絡お待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

東海大学体育学部競技スポーツ学科卒(2015) 東海大学大学院体育学研究科修了(2017) 専門はスポーツ心理学で主にメンタルトレーニングの研究と実践に携わる 経歴は、大学生弓道部(5年)中学生野球部(2年) 大学生弓道部は全国ベスト8位3回 16位1回を経験 大学院修了後はフリーランスとしてウェブライター兼メンタルトレーニングアドバイザーとして活動